すぐ始めたい!税理士に依頼する前の必要な事柄

まずは相続人に誰が該当するか確認

相続が必要な事由が発生したなら、速やかに相続税申告のための準備に入らなければなりません。相続税申告を税理士に依頼する前に、準備を整えておいた方がいいでしょう。もしどのような準備が必要か疑問があれば、税理士に相談できます。相続税申告の準備を開始するにあたって、相続人には誰がいるのか情報を整理する事が大切でしょう。税の申告には相続人が深く関わるため、まずはその存在の確認が欠かせませんね。被相続人の戸籍謄本があると、相続人について調べられます。

有効な遺言書があるかどうかを必ずチェック

相続に強い影響力を持っているのが、遺言書の存在です。どのように相続財産が分けられるのかは、遺言書の内容によって大きく左右されるのです。相続人は遺留分を主張する事ができるものの、受け取ることができる財産は遺言書次第で増減します。相続税の計算を税理士に依頼する場合、遺言書が必要になるため有無の確認を行います。ただし遺言書は法的に認められる条件を満たす必要があるため、注意しなければならないでしょう。被相続人の自筆で、署名や押印がされているかが重要です。

申告前に遺産分配の協議を済ませる事が大切

税理士に相続税の申告を依頼する前に、遺産の分割について協議を済ませておくことも大切です。遺産をどのように分割するか協議を行わなければ、相続税の手続きに支障をきたします。相続財産の分配について意見がまとまったなら、遺産分割協議書を作成して税理士に渡す必要があるでしょう。ただし、相続税の申告期限までに協議がまとまらないといった問題は実際によくありますね。そのような時は、税理士に仮の分配条件で申告書類を作成してもらい、協議決定後に修正申告を行う事になります。

相続の申告を税理士にサポートしてもらうためには、高額な報酬額が発生することがあるため、費用の相場を調べることが大事です。