え、こんなものまで!?火災保険で補償されるもの、されないもの

そもそも火災保険とは?

火災保険とは、主に建物の火災発生リスクに備えた保険のことを言います。万が一、火災保険をかけている建物に火災が起これば、全焼・半焼などの基準に基づき、かけている保険金が計算され支払われます。火事になっても安心して、その後の生活を送ることができる保険なのです。また、火災保険には、一戸建てのように建物丸ごとかけるタイプから、賃貸マンションの一室だけにかけるタイプまで、建物の火災リスクに応じていくつもの保険商品が用意されています。

火災保険はよく勉強してから入ろう

地震大国と言われる程、地震が多発する日本ですが、実は地震により発生した火災に関しては、一般的な火災保険は補償の対象外となります。この場合は、火災保険とセットで地震保険に加入する必要があります。火災保険だけでは、地震で発生した水害に対しても補償の対象外なので、地震保険は火災保険とセットでの加入が定番のようです。しかし、車が突然建物に突っ込んできた場合や、水漏れによる水災他、落雷による災害に対しては火災保険で補償されます。

家財道具は実は補償の対象です

火災保険といえば、建物にのみかけられている保険と思いがちですが、実は、建物の中にある家財道具に関しても補償の対象になっています。例えば、火災が起こり建物が延焼すれば、当然建物の中の家財道具もダメージを受けますので、火災保険の中でカバーされるわけです。また、火災保険の中には、純粋に家財道具に保険をかけることもできる商品もあり、例えば小さい子供が故意にではなく家財を壊してしまった場合でも、補償を受けることができます。

民泊がオリンピックなどで期待されているサービスですが、個人向けの火災保険に加入するのは法整備が遅れている為に難しいです。加入する場合は業務物件用の保険への加入になります。