グラフィックデザイナーになるには?ゲーム専門学校について

ゲーム専門学校のカリキュラムを確認しよう

ゲーム専門学校を選ぶ場合、まず授業内容について確認する必要がありますね。ゲーム専門学校によってカリキュラムは違ってきます。まず最初からいくつかの職種をターゲットにして専門クラスにわける形式のところがあります。プログラマーやグラフィックデザイナーなど予めコースを分けてしまい、専門的な教育を行っていきます。また、最初は全員同じ授業を受けるようになっているゲーム専門学校もあります。しばらくしてから選考を決めていくんですね。

グラフィックデザインのコースの授業

ゲーム専門学校のコースには、必ずといっていいほどグラフィックデザイナーを目指す人のためのコースがあります。グラフィックデザイナーとは、ゲームの絵を描く人のことですね。まず初めにグラフィックデザイナーのコースの授業で行われるのは、コンピューターグラフィックの使用法についてです。現在のゲームの絵はコンピューターグラフィック、通称CGを使って描かれていますね。CGは専用ソフトを用いて描きます。CG用のソフトは、現在では性能がとても高くなっています。

ソフトの使いようプラスアルファ

ソフトを巧みに使いこなすことができれば、思い通りの絵が描けるようになるでしょう。CGソフトが自立的といってもいいほどいい絵を描く手助けをしてくれるのです。しかしそれだけではゲーム業界で活動できません。何か突出したものが必要となり、それは例えば芸術のセンスであったりします。独自性の高いデザインを作り出せるか、デッサンの力があるかどうかといったことが、グラフィックデザイナーとして成功するポイントなんですね。

クリエーターを目指しているなら、ゲームの専門学校が最適です。ゲームに関する知識と技術を学ぶことができます。