はじめてでもカンタン!信用取引の基礎知識

信用取引ってどんな取引なの?

巷で話題の信用取引ですが、なんだか難しそうという声をよく耳にします。いえいえ、決してそんなことはありません。信用取引とは、証券取引の一種です。証券取引には、現物取引と信用取引の二種類があります。現物取引は、現金と株券を交換する、ごく普通の株取引のことです。信用取引では、手元にお金がなくても株式を手に入れることができます。その反対に、手元に株式を持っていない株式を売ることだってできてしまいます。始めのうちは不思議に感じるかもしれませんが、何回か信用取引をやってみれば、すぐに慣れます。

レバレッジって一体なに?

信用取引では、レバレッジという単語がよく登場してきます。レバレッジというのは、テコの原理のことを意味します。テコの原理を応用すると、少ない力で大きな物を動かすことができますよね。信用取引のレバレッジも、これと同じように、少ないお金で大きな金額の取引ができるようになります。取引する金額が大きくなればなるほど、儲けも大きくなりますよね。しかし、大きな取引をするには多額の資金が必要です。レバレッジは、少ないお金しかない人でも、大きな金額を動かせるので、人気が高いんです。

証拠金を用意すればOK

信用取引に興味がわいてきたら、さっそく始めてみましょう。信用取引を始めるにあたっては、証券会社に証拠金を振り込む必要があります。証拠金というのは、銀行からお金を借りるときに担保を差し出すようなものです。証券会社は、証拠金を預かっているからこそ、安心して株券を貸してくれたり、お金を立て替えてくれたりするんですよね。初めて信用取引にチャレンジする場合は、取引の特徴や仕組みをきちんと理解することが大切です。取引には、リスクも付きものなので、ちゃんとすべてを把握してから始めるのがいいですよね。

信用取引では自分の資金以上の金額を借りて株式を売買することができますので、損失が拡大した時は預け入れている金額以上に資金が必要となるリスクがあります。